太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット
メンテナンスが容易である
環境負荷が少ない
設置後電気代が安くなる
設置場所が確保しやすい
公的な補助がある
燃料枯渇の心配がない
電気を作るに際して廃棄物が出ない
太陽光発電のデメリット
発電量が天候、立地条件に左右される
高価である
リサイクルに関する不透明性

太陽光発電のメリット

メンテナンスが容易である
太陽光発電モジュールはメンテナンスが基本的に不要とされています。
風力発電機等の場合、機械的な動作を伴うところがあるのでその部分のメンテナンスが必要になるわけですが、太陽光発電には機械的な動作を伴うところは少ないので故障も少ないということになっています。
ただし、直流を交流に変換するパワーコンディショナーは、一般的な電気製品と同等ですので、故障トラブル等はこの部分に発生することが多いようです。
最も、太陽光パネルについても表面の汚れを落とす作業自体は降雨に任せるよりもした方がよいですので、完全なメンテナンス・フリーとまではいきません。
環境負荷が少ない
太陽光発電では一切の大気汚染物質の排出がありません。
地球温暖化の原因となる二酸化炭素の発生もありません。
もちろん、太陽光発電モジュール生産時にエネルギーを消費していますので、環境負荷が全くないわけではありません。生産時のエネルギーと同等のエネルギーを太陽光発電モジュールが生産するのに2.4年くらいかかるということなので,2年半くらい使えば環境に対して貢献している計算になります。
環境負荷の少ないことが太陽光発電の一番の売りになると思います。
設置後電気代が安くなる
これは当然で、これがなければ設置する人はいません。
太陽光発電は昼間しかできません。
しかし、現代社会に多く見られる夫婦共働きのところ等では昼間は誰もいませんので、作った電気は使われません。
そこで、この電気を電力会社に売って(売電)しまうのです。
こうすることによって電気代が差し引きで安くなるわけです。
設置場所が確保しやすい
太陽光発電モジュールは一般的に屋根に設置します。
パワーコンディショナーはシャープは屋外設置が多いです。(他メーカーは屋内に設置するようです。)
これ以外に必要なものはほとんどないので設置場所の確保は容易です。
今後燃料電池なども家庭に入ってくると思いますが、それらは設置場所の確保が一番の問題になるかもしれません。
公的な補助がある
太陽光発電システムを設置する場合、補助金を受けることができます。(現在は、那覇市のみ)
ただし,工事などがすべて終わってからの入金となりますのでいったんは補助金の分も支払いをしていただかないといけません。
燃料枯渇の心配がない
家庭用の燃料電池も開発されていますが、燃料電池の燃料には今のところ石油系のものが考えられています。
新日本石油が家庭用として開発したものも燃料にはLPガスを使っています。
石油販売会社の対応としては当然なのでしょうが、化石燃料が枯渇すると燃料電池も使えなくなるということになります。太陽光発電モジュールは40年の動作実績がありますので40年は動いてくれそうですが、燃料電池は40年後の石油の残量次第ということになりそうです。
太陽がエネルギー源であり燃料枯渇の心配がないことが太陽光発電システムの特長です。
電気を作るに際して廃棄物が出ない

太陽光発電のデメリット

発電量が天候、立地条件に左右される
エネルギー源が太陽ですから、当然晴天時には発電できますが、夜間、雨天時や曇りなどの太陽が隠れてしまったときには発電できません。
燃料電池などではこういった点は全く関係ないので、比較した場合にはデメリットといえると思います。
お金のことだけを考えるのならば、雨天が極端に多いということもあまり考えられないので、売電による収入が極端に変わる事はあまりないものと考えられます。
つまり,太陽光発電は売電により成り立っているシステムということになります。
将来的に安価に電気を溜めておけるシステムが開発されれば、昼間発電した電気を夜使うというようなこともできるようになるかもしれません。
高価である
現在燃料電池と比較すると馬鹿みたいに安いのですが、それでもまだまだ一般家庭にはそれなりに高価です。
元を取るには相応の時間を要しますし、メーカーや販売店によって、設定価格がかなり違ってきます。
生産量の多いメーカー比較的安価になりがちです。
リサイクルに関する不透明性
いろいろなものがリサイクルの対象になり、リサイクル費用の負担方法が決められています。
しかし、太陽光発電についてはまだ普及率が低いのでリサイクルがどのようになるのかがまだ決まっていません。
この点は私も一番問題であると考えていたのですが、ある程度普及してくればそれほど法外なリサイクル費用負担ということもないであろうとの予想に立っています。

ハロー環境技術