エコキュート

エコキュートとは?

エコキュートは、再生可能エネルギーである「空気熱」を有効活用してお湯を沸かします。だから、とっても省エネ。その上CO2も削減でき、さらにおサイフにもやさしい!環境性、経済性に優れた、いま注目の給湯機です。

省エネ、節約のカギは、給湯にあり

Panasonic エコキュート

家庭で消費するエネルギーの約3割は、キッチンやお風呂で使うお湯(給湯)が占めています。この給湯のエネルギーを減らすことができれば大きな省エネにつながるのですが、毎日の生活で使うお湯の量を減らすのは、とってもむずかしいですね。そこで注目なのが、省エネ給湯機「エコキュート」。給湯器を替えるだけで、効果的に省エネを実現できます。エコキュートには学習機能が付いているので、それぞれのご家庭に合った最適な湯量を過去の使用量から判断し、必要な量だけ沸き上げます。また、昼間にお湯を使い過ぎて足りなくなりそうな場合も、自動的に足りない分だけ沸き増しするので湯切れの心配はありません。

光熱費の基本料金削減で家計楽々

光熱費を電気に一本化することで、基本料金がひとつで済みます。その分、電気代は増えますが、太陽光発電システムとの併用でまかない、さらに電力会社には割引プランが用意されています。

エコキュートの機能

湯はり機能
自動設定の場合、
リモコンワンタッチでお湯はりを開始。
設定水位で止まります。
保温機能
冷めたお湯を温める機能ではなく、設定湯温を保ちます。
足し湯機能
浴槽内のお湯の量が減ると、設定水位までお湯を足します。
タンク容量
370Lタイプ
3~4人家族にピッタリ。
460Lタイプ
4~5人家族にピッタリ。

メリットとデメリット

メリット

深夜電力を利用した場合給湯にかかる光熱費が抑えられる。

通信販売では機器価格が電気温水器と同程度である。

デメリット

昼間や夏場の電力を利用した場合給湯や暖房にかかる光熱費が著しく高くなる場合がある

訪問販売や量販店では機器価格が電気温水器と比較し大幅に高価である

ある程度のスペースを必要とする

瞬間的な湯沸しができない

設置場所や方法によって低周波騒音が発生する事がある

修理費用が高価である。室外機の寿命は3万時間、約10~15年で交換が必要になる

補助金について
平成22年度エコキュート導入補助金制度
募集期間は下記の通りです。各期とも「先着順」に受付されます。
詳しくは下記ホームページにてご確認ください。

■ 補助金額
家庭用40,000円

■ 募集期間
第1期:平成22年4月19日(月)~平成22年6月 4日(金)
第2期:平成22年6月 7日(月)~平成22年7月23日(金)
第3期:平成22年7月26日(月)~平成22年9月10日(金)
第4期:平成22年9月13日(月)~平成22年9月30日(木)

<平成22年度補助金に関するお問い合わせ先>
一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
「エコキュート導入補助金」受付係
電話番号:(03)5614-7855

よくある質問

エコキュートと電気温水器はどう違う?
「エコキュート」も「電気温水器」も、深夜電力を利用するのは変わりません。違いはお湯の沸かし方にあります。「エコキュート」は空気中の熱を利用してお湯を沸かすヒートポンプ技術を利用しており、「電気温水器」より省エネ性に優れています。このヒートポンプ技術は、エアコンや冷蔵庫にも使われている身近な技術なのです。
工事はかかる日数はどれくらい?
通常の工事でしたら1~2日で終わります。
エコキュートは補助金がもらえるの?
省エネ効果の高い給湯機エコキュートは、国からの補助金交付対象として認定されています。詳しくはこちら。
うるさくないですか?
図書館レベル(38db程度)です。
タンクのお湯切れが心配ですが?
「エコキュート」は昼間にお湯を沸き増しできる「沸き増し機能」がついていますので、お湯切れの心配も解消。急な来客などでお湯の使用量が増えても、いつでもたっぷりのお湯をお使いいただけます。
設置を予定しているスペースが狭くて置けるかどうか不安です
スペースをあまりとらない「薄型エコキュート」のラインナップが充実。さらにコンパクトになった「省スペース型エコキュート」も新登場しています。お客さまのお住まいにピッタリの一台がきっと見つかるはずです。
エコキュートは災害に強いと聞きましたが本当ですか?
「エコキュート」は本体のタンク内にお湯をためており、非常時には湯水の取り出し専用栓「非常用コック」から取り出すことができます。地震や渇水による断水時などに、タンク内の湯水を非常用の生活水として使えますので、いざというときに安心です。

社長チェック!購入の前に

370Lか?460Lか?それが問題だ
大まかな目安としては、4人までは370L、5人以上なら460Lでよいでしょう。
例えば、3人家族なのに460Lのエコキュートで見積が出されていたら、
これはオーバースペックです。
370Lのエコキュートで見積し直してもらいましょう。

逆に6人家族で370Lエコキュートが提案されていたら、湯切れの可能性大です。
こちらは460Lエコキュートで見積し直してもらいましょう。

そもそも家族構成を無視したエコキュートの提案をする業者は失格です。

追い炊き機能はあったほうがイイ?
シャワーをあまり使わず、浴槽から湯を汲んで使う。ので湯が減ります。こういう場合には「高温さし湯」機能だけあれば足りてしまいます。
一方、主にシャワーを使い、湯がほとんど減らない場合には、高温さし湯では湯が増えすぎてしまうので、追い炊き機能は必要です。
ご家庭の生活習慣に合わせてエコキュートの機能を選んでください。

社長のおすすめ商品

※価格はメーカー希望小売価格です。
※費用は「現場状況」「使用材料」「製品のグレード」等によって異なります。金額はあくまでも目安としてください。

Panasonic エコキュートHE-KU46CXS

Panasonic エコキュート
HE-KU46CXS
パナソニック[リモコン別売][フルオート][パワフル高圧][酸素入浴][エコナビ][460L]
商品コード:HE-KU46CXS
定価:984,900円(税込)

Panasonic エコキュートSRT-HP37WX4

MITSUBISHI エコキュート
SRT-HP37WX4
三菱電機[リモコン別売][フルオート][ダブル追いだき][バブルおそうじ][370L]
商品コード:SRT-HP37WX4
定価:771,750円(税込)

CHOFU エコキュートEHP-4657GPXHTP

CHOFU エコキュート
EHP-4657GPXHTP
長府製作所[リモコン込][フルオート][薄型タイプ][高圧パワー給湯][460L]
商品コード:EHP-4657GPXHTP
定価:987,000円(税込)

ハロー環境技術