安全監視カメラ

監視カメラや録画機器の設置工事、遠隔監視システムの工事を承ります。経験豊富な技術スタッフがお客様のニーズに的確に対応いたします。数々のお客様への施工を多く手がけて当社だからこそ、質の高いサービスができると自負しております。お客様、企業様はどうぞお気軽にお問い合わせください。

防犯カメラの種類
防犯カメラにはその用途によって多種多様な種類があります。大きく分けて「スタンダード型」「小型」「ドーム型」「赤外線カメラ」「ワイヤレスカメラ」「ネットワークカメラ」「ダミーカメラ」の約7種類ほどに分類できます。

よくある質問

普通のテレビで映像は見られますか?
赤、黄、白の差込口のついた外部入力端子があるテレビでしたらお使いいただけます。カメラのケーブルをテレビの外部入力端子に差し込み、テレビのチャンネルをビデオまたはライン入力に合わせると、映像を見ることができます。
防犯カメラの場合、映像にあまり変化がないので、テレビ画面の焼付きが早いかもしれません。
監視画像はどこに保存するの?
防犯カメラの監視映像は現在ではDVR(デジタルビデオレコーダー)に保存されます。
普通のビデオデッキに録画できますか?
テレビと同様、外部入力端子のついたビデオデッキでしたら使えます。ただし通常のビデオデッキですと録画できる時間が6時間程度監視用のタイムラプスビデオ(1000時間程度)よりも大幅に短くなりますので、長時間の連続録画には向きません。
どれくらいの期間を保存できますか?
DVRに搭載されているハードディスクの容量によります。長いもので500日保存できるものもあります。
無線式(ワイヤレス)と、有線式どう違いますか?
無線式は配線がいりません。よって短時間で綺麗な設置ができます。 センサーの追加も簡単にできます。
ただ、電波の届く距離がありますので、大規模な工場、店にはむきません。
機器代が比較的高額で工事代が安いので結果あまり変わりません。
有線式は機器代が安価ですが、配線工事代がかかります。
自主機械警備と警備会社とは、何がどう違うのでしょうか?
不法侵入があったとき、自主機械警備の場合は大音量の警報ベルやサイレンで犯人を威嚇し、速やかに追い出すことを目的としています。
同時に自動通報装置がオーナー様など1~8箇所に電話を掛け、中の状態を音で確認し、自分の声をコントローラーから『こら!!出て行け!』と威嚇できます。
そして110番通報をご自身で致します。警察官が急行いたします。
警備会社の場合は、自動通報装置により警棒を持って警備員が駆けつけますが、おおむね25分以内に到着すれば良いと 定められています。基本的に静かな警備を目指していますので、警報ベルなどの威嚇装置はあまり取り付けません。
費用的には、ランニングコストが圧倒的に違います。警備会社の場合は契約内容に左右されますがレンタルの場合、概ね5年間の拘束期間があり、その後は1年間の自動継続で、月々の警備料金を、¥3,000とした場合10年間で約360,000になります。又契約切れの時点で機器を外して持ち帰り、 残るのは穴だけです。
一方自主機械警備の場合は、他の設備機器と同じく現金・ローンの場合支払い完了後には自分のものになります。リースの場合は契約回数完了後、再リースとなります。(再リース料金は1年分の10分の1程度です)

社長のおすすめ商品

※価格はメーカー希望小売価格です。
※費用は「現場状況」「使用材料」「製品のグレード」等によって異なります。金額はあくまでも目安としてください。

パナソニック
HD動画で監視・防犯映像をくっきりとi-PRO SmartHDを新コンセプトにネットワークカメラ4機種を新発売

Panasonic DG-SP305 DG-SP304V

【写真セット】  
DG-SP305 DG-SP304V
 
本体希望小売価格98,700円
– 79,800円(税込/レンズ・取付金具別途)

Panasonic DG-SF335 DG-SF334

【写真セット】  
 DG-SF335 DG-SF334
 
 本体希望小売価格141,750円
– 99,750円(税込)

Panasonic DG-GXD400

【ネットワークディスクレコーダー】  
DG-GXD400
 
本体希望小売価格420,000円(税込)
 
・高画質メガピクセル画像を16:9のフルハイビジョンモニターに忠実に表現。
・メガピクセル画像(4VGA:1280×960)を1画面とVGA画像(640×480)を2画面同時表示可能。
・最大6台のネットワークカメラ画像(VGA:640×480)を最大30ips/CHにて同時表示可能。(MPEG-4時)。

ハロー環境技術