住宅用火災報知器

住宅用火災警報器の設置工事をご検討のお客様へ
住宅用火災警報器の設置工事、遠隔監視システムの工事を承ります。経験豊富な技術スタッフがお客様のニーズに的確に対応いたします。数々のお客様への施工を多く手がけて当社だからこそ、質の高いサービスができると自負しております。お客様、企業様はどうぞお気軽にお問い合わせください。

よくある質問

住宅用火災警報器設置の義務化についておしえてください
新築・既存住宅ともに平成18年6月1日より設置が必要になりました。ただし、既存住宅については各市町村条例により、平成20年6月1日~平成23年6月1日の間で設置義務化時期が異なります。
なぜ寝室に住宅用火災警報器を設置するのでしょうか?
住宅火災での死者の6割は、逃げ遅れによるものです。つまりより早く火災に気がつくことが出来れば、多くの方が助かったという事になります。1秒でも早く火災に気がつくために「住宅用火災警報器」の一般住宅への設置が義務づけられました。
住宅用火災警報器は台所には設置しなくてよいのですか?
市町村条例により台所に設置義務がある場合以外は設置義務はありません。
住宅用火災警報器を台所に設置する場合は熱式なのですか?
台所は調理などにより煙または水蒸気が発生し、それを間違って火災と判断し警報をだす場合があります。台所では熱式の火災警報器の設置をおすすめしますが、法的には煙式でも構いません。
住宅用火災警報器の作動確認は自分で行うのですか?どのくらいの頻度で行えばよいですか?
住宅用火災警報器の試験ボタンを押すことにより火災警報器の作動確認ができます。作動試験は1カ月に1回程度行うことをおすすめいたします。
なお、次の場合には作動試験を必ず行ってください。
・初めて設置したとき
・電池を交換したとき
・汚れなどの掃除をしたとき
・設置場所を変更したとき
・故障や電池切れが疑われるとき
・長いあいだ留守にしたとき
住宅用火災警報器の種類
煙式と熱式があります。居室(居間、ダイニング、子供室、寝室など)や階段には、煙式を、台所又は火災以外の煙を感知し警報を発するおそれのある場所には、煙式または熱式を設置してください。
うちはオール電化だし、タバコも吸わないから火災は起きない。つけなくてもよいでしょう?
火災は台所のガスコンロやタバコだけが原因で発生するものではありません。電気火災や放火などが原因で発生した火災は多くあります。火災はいつどこで発生するかわかりません。ご自身はもちろん、家族や近隣の方の安全のため、住宅用火災警報器を設置してください。

社長のおすすめ商品

※価格はメーカー希望小売価格です。
※費用は「現場状況」「使用材料」「製品のグレード」等によって異なります。金額はあくまでも目安としてください。

パナソニック
ワイヤレス連動機能を備えた露出型住宅用火災警報器「けむり当番・ねつ当番」の新モデル発売。

独自の「高性能IC」や「煙が流入しやすい検知部構造」を開発し、小型電池を採用。高精度な検知性能を維持しながら、本体内へアンテナと煙検知部を内蔵することで、薄型化を図った。

Panasonic  SH6902P

【写真セット】SH6902P  
けむり当番 薄型 2種 電池式・ワイヤレス連動親器 子器セット1台

本体希望小売価格:オープン価格

東芝
住宅用火災警報器「なるる」シリーズの新モデル「なるるミニ」煙式

東芝 TKRK-10

【写真セット】TKRK-10  
タイプ:煙式 設置位置:天井面 電池寿命目安:10年

約87dBの大音量音声アナウンス機能やLED表示灯を備えた薄型火災報知機
本体希望小売価格5,670円(税込)

ハロー環境技術