地上デジタル放送

地上デジタル放送のアンテナ設置工事をご検討のお客様へ

地上デジタル放送のアンテナ設置工事を承ります。経験豊富な技術スタッフがお客様のニーズに的確に対応いたします。数々のお客様への施工を多く手がけて当社だからこそ、質の高いサービスができると自負しております。お客様、企業様はどうぞお気軽にお問い合わせください。

よくある質問

現在のテレビ放送(アナログ)はどうなりますか?
現在のアナログ放送は、2011年7月24日までに終了して、デジタル放送に完全移行する予定です。
チャンネル数は増えるのですか
デジタル放送は、アナログ放送に比べてたくさんの情報を送ることができます。そのため、1つの電波で複数(2~3)の番組を見ることができます。また、データ放送などの新しいサービスが放送されると、随時、増えると考えられます。
衛星放送のように,雨などの影響はありますか?
現在のアナログ放送と同じく、雨や雪の影響はほどんどありません。
地上デジタル放送で,ゴースト(二重像)障害はありますか?
映像や音声を0と1のデジタル信号に置き換えて送信することがデジタル方式です。
 デジタル方式に変わることにより、これまでのアナログ方式と比べて、ゴーストや雑音のない映像と音声の受信が可能となります。
 また、デジタル化により、高画質・高品質なハイビジョン放送、天気予報やニュースなどの情報を常に入手できるデータ放送、字幕放送などの高齢者や障がいのある方にやさしいサービス、1週間先までの番組情報が見られる電子番組表(EPG)など今までにない高度で多様な放送サービスが可能となります。
地上デジタル放送とBS・110°CSデジタル放送は,どう違うのですか?
BSや110°CS放送は、東経110°に位置する衛星を使った放送です。放送エリアは日本全国のため、日本中どこでも同じ番組を見ることができます。 一方、地上デジタル放送は、各地域の放送局(送信塔)から送信される電波を受信する放送であり、現在のアナログ放送に代わるものですから、より地域に密着した番組が提供されます。
地上デジタル放送は有料ですか?
民間放送は今までどおり無料放送によりサービスを提供されています。また、NHKの受信料に関しては、現在既に契約されている方は、新たに契約を行う必要はありません。
地上デジタル放送の受信アンテナ(UHFアンテナ)の種類にはどのようなものがありますか。
デジタルハイビジョン対応のアンテナには、DHマーク(デジタルハイビジョン受信マーク)が付いています。新たにアンテナを設置する場合は、DHマークの付いたデジタルハイビジョン対応のアンテナをお勧めします。

地上波デジタル放送

【一般のUHFアンテナ】
地上アナログ放送の受信に多く用いられているアンテナで、地上デジタル放送の受信も可能です。

地上波デジタル放送

【地上デジタル放送専用アンテナ】
地上デジタル放送のみであれば、専用アンテナでの受信も可能です。専用アンテナには、室内、屋外兼用のタイプもあります。

地上波デジタル放送

【室内アンテナ】
電波の強い地域では、室内アンテナでも受信できる場合があります。

ハロー環境技術