Q29.太陽光発電モジュールの寿命について

  • 2008-10-29 (水) 13:10


太陽光発電モジュールの寿命

太陽光発電モジュールの寿命は技術改良によって延びており、現在では30年以上の寿命も期待できるとされる。

太陽光発電システムには大部分の製品が稼働できると推測される「期待寿命」と、メーカーが性能を保証する「保証期間」がある。いずれも技術開発により伸びつつある。

屋外用大型モジュールの場合、通常の期待寿命は20~35年以上である。現在、10~25年間程度の性能を保証する製品が市販されている。
モジュールは年月と共にゆっくりと性能が低下する。低下量は結晶シリコン等の場合、多くの製品は20年間で1割未満と報告されている[42]。
モジュールの強化ガラスとセルとの間には通常EVA等の樹脂が充填される。昔の製品ではこの樹脂が紫外線で黄変(browning)して性能が急速に劣化する場合があったが、ガラスにCeを添加するなどの対策で解決された。
アモルファスシリコンを用いたモジュールは屋外光で劣化しやすかったが、これも現在では長寿命化され、20年以上の性能を保証する製品も出現している[43]。太陽電池の項も参照。
太陽電池の型式によっては、使用開始時に数%程度性能が低下し、その後安定する挙動を示す(初期劣化)。定格値としては初期劣化後の値が用いられている。
製品の寿命を予測するための加速試験手法としては塩水噴霧や紫外線照射、高温多湿(Damp Heat)環境試験などが用いられる。検証手段としては実際に屋外の環境に晒すフィールドテストが1980年代から大規模に行われ、現在20数年分のデータが蓄積されている[44]。
パワーコンディショナーなどの周辺機器にも寿命(10年~)があり、部品交換などのメンテナンスが必要である。参考データの項も参照。
人工衛星の電源など宇宙空間での利用においては、-120~+120℃程度の範囲に及ぶ周期的な温度変化、打ち上げ時の振動、放射線による劣化などに対応できる必要がある。このためモジュールの構造、セルの材料や構造など各部に亘って対策が施される。
太陽光発電モジュールは長寿命であるため、それを取り付ける架台および施工部分にも長寿命が求められる。また一般の建築物同様に数年ごとの保守点検が推奨され、メーカーや代理店によっては定期保守点検のプランを用意している場合もある。点検項目のガイドラインとしては日本電機工業会が定めたものなどがある(技術資料JEM-TR228、小出力太陽光発電システムの保守・点検ガイドhttp://ja.wikipedia.org/skins-1.5/common/images/button_link.png
内部リンクライン、平成15年12月)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://daiko-okinawa.co.jp/qanda29.php/trackback

ハロー環境技術